© 2017 by 女性のためのグリーフケア札幌 All Rights Reserved.

女性のためのグリーフケア札幌

E-mail:griefcareforwomen@gmail.com

  • Facebook App Icon

​メンバー

今泉 真弓

代表

上智大学グリーフケア研究所認定

​臨床傾聴士

​水野治太郎・グリーフケアのためのナラティブアプローチWS修了

メッセージ

皆様、初めまして。代表の今泉と申します。

生まれも育ちも北海道の私ですが、縁あって関東生活が長く、昨年やっと北海道へ戻って参りました。

私自身、30歳で大切な人と死別。

もがき苦しんだ数年間。気持ちより先に、体が悲鳴をあげました。

「大丈夫」と思う気持ちとは裏腹に、日々痩せ細る体。肌も髪も歯もボロボロで、大切な人だけではなく、自分自身の女性として一番美しいはずの『時』をも喪いました。

喪って初めて、人は、気付くことがあるのですね。

苦しい時に、私を支えてくれたのは、目に見えるものよりも、圧倒的に目に見えない『想い』であったと振り返ります。

家族の優しい『想い』

友人の励ましの『想い』

お世話になった方々の祈りの様な『想い』

そして、亡き人の無念の『想い』

…初めは受け入れられなかった『想い』たち。

誰にも自分の気持ちなんて解ってもらえないと一人泣いた日々がありました。

そんな『想い』を、少しずつ受け入れることができてから、人生は思いもよらない方向へ動き出し、私はここにいます。

どんな時も、自分の心の灯りを絶やさない生き方を学ばせていただいた、そんな数年間でした。

そして、生きることに必死だったあの日の自分を、今は褒めてあげても良いのかな?と、そんな風に思えるようになりました。

皆さんにお会いできるのを、私は待っています。

只々、待っています。

誰かの『想い』を感じてもらうために。

すぐ傍に在るかもしれない、優しさに気付けるように。

Masako Araki

アドバイザー

上智大学グリーフケア研究所認定

​臨床傾聴士

​水野治太郎・グリーフケアのためのナラティブアプローチWS修了

【メッセージ】

グリーフを抱えていらっしゃるあなたへ

あなたの感じている痛みや苦しみ、哀しみ、怒り、後悔…

それらはすべて、かけがえのないあなただけの想いです。

言葉にならない想いも、きっとたくさんあることでしょう。

そんなときは、無理をしてお話しいただかなくてもよいのです。

その場にいるだけ…

そんな時があっても大丈夫です。

お話しできると思われた時に、どうぞお心のうちをお聴かせください。

Minako Noshiro

アドバイザー

上智大学グリーフケア研究所認定

​臨床傾聴士

水野治太郎・グリーフケアのためのナラティブアプローチWS修了

【メッセージ】

大切な人を亡くした想いは永遠です。

それは貴女が生きている間、ずっと続く想いです。

同時に大切な方はずっと貴女の中に生きておられます。

貴女が大切な方を思い出す時、大切な方は貴女との今を生きてくださっています。

​『貴女の中で生きている大切な方との今を、私達に聴かせてくださいませんか』

Kazue Abe

事務局スタッフ

【メッセージ】

悲しくて、​辛くて、心が痛くて、どうしようもない時は、思い切り泣きましょう。

土に突っ伏し、もがき苦しんだ後は、大嵐が去った後、空に綺麗なツインレインボーがかかるように、

自然に立ち上がる力が湧いてくるはずです。

私たちは、ひとりではありません。

貴女をいつも見守ってくれる人が、そばにいます。

​一緒に空の虹を見ませんか?

Please reload